AJMC 一般社団法人 全国医学部長病院長会議

  • 〒113-0033  東京都文京区湯島1-3-11 お茶の水プラザ4F/会議室8F
  • 03-3813-4610
  • 〒113-0033  東京都文京区湯島1-3-11 お茶の水プラザ4F/会議室8F
  • 03-3813-4610

執行部挨拶

執行部挨拶

執行部挨拶(会長・副会長・顧問・相談役)専門委員長・WG座長挨拶はこちら

会長

会長

会長挨拶

山形大学 医学部長 山下英俊
2018年5月25日より全国医学部長病院長会議会長に就任いたしました。これから2年間よろしくお願いします。
本会議は会員大学医学部の医学教育、医学研究、附属病院での種々の重要な課題を協議し、意見の統一をはかり、わが国における医学ならびに医療の改善向上に資することを目的とする法人組織です。この目的を達成するために、定款に則って活動したいと考えています。
中心となるのはやはり医学教育の改革です。卒前の医学教育を国際認証に見合うだけの参加型臨床実習を今後更に充実させ、卒業時には、全身を診ることができ、病態を理解し、緊急対応がとれる医師を育成し、卒後の臨床研修、専門医研修へとシームレスにつながる医師育成プログラムの構築を目指します。この過程で、卒後臨床研修のあり方を現在の医学、医療の在り方にあったものとしたいと考えております。
医学部及び附属病院は教育、研究、診療における目的を達成するために社会との関りにおいて上記の意見を提言し、発信していく必要があります。これには、医学部入学試験の課題の検討、大学病院の医師の働き方改革と男女共同参画、医療安全、臨床研究が適正に行える体制つくりなど多岐にわたります。それぞれを担当する委員会、ワーキンググループにおいて、慎重に且つスピード感をもって提言をまとめ、会員に広く意見をもとめつつ本会議が一丸となって社会に向かって発信していきたいと考えています。

副会長

副会長

副会長挨拶

愛知医科大学病院 病院長 羽生田正行
平成30年5月の理事会・総会で副会長に任命されました。全国医学部長病院長会議では,医学教育に関して卒前・卒後から専門医教育まで効果的にシームレスに繋ぐ体制の構築を提言しているところです。しかし医師の地域・診療科偏在問題が初期臨床研修制度および新専門医制度と結びつき,事態が複雑化してきています。また今まで以上に各県の権限が強化されてきており,これまでのような全国一律での本会議の提言に加え,県の状況により各大学が検討しなければならない部分が多くなると考えられます。さらに医師の働き方改革問題も解決されていません。全国の大学病院が参加する本会議として,裁量労働制の導入なども念頭に早急に対応しなければならない状況であると考えています。このように解決が待たれる多くの問題に加え,医学部の入学試験問題が新たに課題として加わりました。本会議では平成30年10月に大学医学部入学試験制度検討小委員会を立ち上げました。この小委員会からの提言が活かされ,各大学での対応がより円滑に進むことを願っています。
山積する課題はいずれも解決が容易ではありませんが,本会議としては医育機関を代表する団体の一つとして,今後もリーダーシップをとり着実に解決に向け取り組んでいかなければならないと考えています。引き続き山下会長を補佐し,本会議として様々な課題の解決に尽力をいたす所存ですので,どうぞよろしくお願い申し上げます。

ページトップに戻る